*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「もったいない」は国際語「mottainai」
私は昭和24年生まれの団塊世代です。
物心付いた時期は終戦から数年経っていて、
本当の窮乏時期は知りませんし、
農家であったので食料に不足を感じたことは有りません。

しかしおやつは山深い田舎でもあったので、近くに駄菓子屋さんも無く
たまにキャラメルやチョコレート、こんりん、こんぺいとう、せんべい
等々を買い置きして、小出しに貰っていましたが、
それでは充分では有りません。

その頃は近くに同年代の子供が大勢いたので
山野を駆けずり回り、食べられるものを探し回りました。
春から秋に掛けては、野山に食べられる物が本当に豊富に有るのです。
今の子供たちはおろか、その親でさえそんな物は知らないと思います。

食料自給率40%を切る日本、先進国で最低の数字だそうですが、
食べ残して捨てる分がびっくりする数字になるそうですね。
飢えに苦しんでいる人々がいるというのに、もったいない事です。

あの時代は捨てると言う事は無かったと思います。
両親や、祖父母がお呼ばれに行っても、食べ切れなかったものは
折に入れて貰って持って帰っていました。
それを私たち子供は首を長くして待っていたものです。
冷蔵庫も無かったのに、食中毒も記憶に有りません。
やはり生活の知恵でしょうか。それとも免疫力の差でしょうか。

赤ちゃんが何でもかんでも口に入れるのは
動物本能で、免疫力を付けようとしているのと、食べられる物、
食べられない物を見分けているそうです。
本当に危険な物は大人が見守り注意が必要ですが、
何でもかんでも注意すれば免疫力と、本能が劣るそうです。



今は衣服等も丈夫で長持ちする様になりました。
誰も破れた物や、継ぎの当たった物などは着ていません。
台所から包丁が無くなった様に、
主婦に裁縫道具とアイロンが無くなりました。

まだまだ着られる物でも、気に入らなくなった、流行おくれ、
少し古くなった、ゴムが緩んできた等の理由で捨てられます。
衣料に困っている人々が世界には沢山居るというのに、もったいない。

私たちの子供の頃は、大人でも子供でも繕いをしてもらって
着られるだけ着ましたし、兄弟、従兄弟のお下がりが普通でした。
母はその為夜なべ仕事が大変でしたが、
農家では父も夜遅くまで仕事をしていました。



「衣・食」と申し上げたので次ぎは「住」をとりあげます。
新築後30年も経たないのに取り壊して建替えられている。
これが日本の平均状況です。先進国で一番短い住宅寿命。

バブル崩壊までは土地が右肩上がりで推移したのと、
安かろう悪かろうの住宅が横行したのと、
日本の気候風土にミスマッチの施工がなされた為
このような結果になったのです。

「良いんだ俺は、金が無いから安い住宅しか建てられないから」
と、思っている方、若し貴方が今35歳だとしますと
定年を迎えた時に建替える必要が生じるかも知れません。
又その間住宅によって家族が健康を損なうような事もあるかも知れません。
家族構成の変化により、リフォームの必要が生じても
リフォーム費が高く付くような家かも知れません。
地震等の災害によってもっと早く建替えが生じるかも知れません。


結局長い目で見ると高く付いたり、
お金で替えられない事が生じるかも知れないのです。
資源の無駄使い(人の健康も含む)で、もったいない。

100年、200年と住み続けられる家を考えませんか。
中古住宅としても市場価値ある住宅を建てませんか。

贅沢普請はお金持ちに任せるとしても
最低限必要なことまで切り詰めた
安普請は辞めようでは有りませんか。

まだまだリフォームすれば立派に再生できるのに
建替えていませんか。これももったいない。

価値ある住宅や、愛着のある住宅は
リフォームしましょう。


地球温暖化防止とか、CO2削減とか崇高な事は
幾らでも言えますが、不景気で先行き不透明な現在
私たちに出来るのは「もったいない」精神で
貴重な資源を有効活用する事ではないでしょうか。



□お問い合わせ

株式会社 大市住宅産業 <日曜定休>
兵庫県篠山市今田町下小野原631-1
TEL:079-597-3063
FAX:079-597-3423

株式会社 大市住宅産業 篠山営業所 <水曜定休>
兵庫県篠山市吹新64-2
フリーダイヤル:0120-692184
FAX:079-590-1235

<木の家 造りましょ> 大市住宅産業のホームページはこちらから
□DM外断熱「日々木」工務店□リフォーム□篠山市・丹波市・三田市不動産□

Secret
(非公開コメント受付中)

平屋という贅沢
0807134.jpg
コンテンツ
リフォームレシピ
実例紹介などは↑
080721.jpg
随時開催中
スローライフ相談会
08080213.jpg
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

大市住宅産業

Author:大市住宅産業

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
キーワード
家 木の家 木造住宅 新築住宅 平屋 古民家 古家 ログハウス セカンドハウス 終の棲家 別荘 セルフビルド 改築 リフォーム 工務店 一級建築士 自然素材 薪ストーブ 囲炉裏 井戸 オール電化 太陽光発電 エコキュート バリアフリー 自然 地球環境 エコロジー エコ スローライフ ロハス 自給自足 篠山 丹波篠山 田舎暮らし いなか 大阪近郊 神戸近郊 温泉 ゴルフ場 丹波焼 家庭菜園 農場 宅地建物取引業 不動産 売り土地 土地探し 兵庫県 篠山市 丹波市 三田市 西脇市 加東市 
チーム-6%
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。