*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆうさんの休みの過ごし方
生を受けてから60年近くこの地で暮らしていますが、

私の家系では私で4代目になり、本家があって又その本家(絶えている)があり、

更にその本家(絶えている)も子供の頃はありました。

従って純然たる土着民です。

土着民ですから農地や、山林といったものは何十万㎡も持っています。

私も若い頃は(高校卒業後3年位)酪農業をしていました。

農業を全くしなくなってから、35年経ち農地は人に貸しています。
 
家の周りに4,000㎡(1,210坪)位の土地が有り、

南の土地と宅地の間を谷川が流れています。

この谷川は河川法とかにかからないものでいわば個人所有のものです。

従って災害が起こっても個人で復旧しなければなりません。

このことは後で触れるとして

南の土地1,500㎡(454坪)は家庭菜園と果樹園にしています。
 
かなり広いのでほんの一部分しか使っていません。

後は草が生えています。この草が大変なのです。

4月から11月に掛けて3~4回刈り取らなければなりません。

慣れている私でも1回当たり6時間は充分掛かります。

この酷暑の中土曜日の夕方からと日曜日の午前中に刈りました。

作業は本当にきついですが田舎暮らしはこのぐらい覚悟しなければなりません。

私の場合この1,500㎡はほんの一部で

他にも草刈の必要な土地が20,000㎡ほどあります。

毎年大変な作業をしていますが、

今年は先にも少し触れたように河川の改修工事をしていますので、

シルバー人材センターに応援してもらっています。

暑いときの作業ですので非常に疲れますが刈った後はきれいで壮観です。

疲れも吹き飛びます。又作業後のシャワーと一杯がなんともいえません。
 
皆様が田舎暮らしをされる場合は、

500㎡ぐらいの土地に住宅と家庭菜園を持たれるのがいいと思います。

たまに何千㎡の土地を望まれる人がおられますが管理が大変です。

私が身をもって思い知っています。
 
まだ話は続きますが、長くなるので今日はこの辺で終わります。
Secret
(非公開コメント受付中)

平屋という贅沢
0807134.jpg
コンテンツ
リフォームレシピ
実例紹介などは↑
080721.jpg
随時開催中
スローライフ相談会
08080213.jpg
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

大市住宅産業

Author:大市住宅産業

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
キーワード
家 木の家 木造住宅 新築住宅 平屋 古民家 古家 ログハウス セカンドハウス 終の棲家 別荘 セルフビルド 改築 リフォーム 工務店 一級建築士 自然素材 薪ストーブ 囲炉裏 井戸 オール電化 太陽光発電 エコキュート バリアフリー 自然 地球環境 エコロジー エコ スローライフ ロハス 自給自足 篠山 丹波篠山 田舎暮らし いなか 大阪近郊 神戸近郊 温泉 ゴルフ場 丹波焼 家庭菜園 農場 宅地建物取引業 不動産 売り土地 土地探し 兵庫県 篠山市 丹波市 三田市 西脇市 加東市 
チーム-6%
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。